民商で「増税消費税」の申告相談は不可能!

民商で「増税消費税」の申告相談は不可能!

f:id:matsukento:20200210071916j:plain

今年も確定申告の季節がやって来ます。

消費税は昨年10月に標準課税が10%に増税され、さらに従来の8%が軽減税率になり、ホントややこしさが従来の増税時と違い、ややこしさが出てきています。

さらに軽減税率8%の適用も、ご存知の通り、例えばコンビニでサンドウィッチとコーヒーを買って、それを家に持ち帰れば8%と軽減税率になり、店内のイートインで飲食すれば10%なんですから、新消費税の複雑さを、さらに増していまちゅ。

私がたまに行くセブンイレブンでは、初老のおじさん方が、2人仲良くワンカップの酒を飲みながら、イートインで談笑していて、まあ酒類は軽減税率がないから、全然損はしないでしょう。

このままではコンビニのイートインは、居酒屋化したりして?

民商の事務局員は、税理士資格もないのに申告相談をするのは、違法であるのは言うまでもなく、今回はそれを置いといても、「増税消費税」の相談は、民商では不可能ですよ~。

2019年1月~9月の間は、8%の税率で計算すればいいものの、10月~12月は10%で計算せんとイケンのはもちろん、標準税率の10%になるか、軽減税率の8%になるか、仕分けしないといけないので、その事務的作業からして、想像したら頭が痛くなります。

私も八尾民商に入局した翌年(1997年)に、3%から5%に消費税が増税され、1月から3月までの3%分、4月から12月までの5%分の、消費税計算を数値の入力すれば税額を計算してくれる、パソコンソフトを八尾民商も導入したものの、使い勝手が悪くって、結局は手書き計算に代わったのです。

↑のポスターの右側に写っている女性、どんな事業をされているのか分からないですが、結構可愛いです(o^_^o)v!!!

左のポスターには、「自営業はみんな金メダル」と書かれていて、今年の東京五輪を意識してのことでしょうが、民商の親玉である共産党は、確か東京五輪には反対だったような気がするし、民商の「便乗コピー」には、違和感を感じるだけに、ここは東京五輪反対を正々堂々と掲げる、ブログ友であるSPYBOY様の意見を、ぜひ聞いてみたいです♪

f:id:matsukento:20200210071943j:plain

それにしても民商は「中小業者」という言葉はよく使うものの、決して「零細業者」というのは使わないでちゅ。

そもそも「中小」は法人成して、「株式会社」(かつてなら有限会社も)になっているとこを指すだけに、もう少し現実に沿った文言を、考えて欲しいもんです。

なおポスターの左下に「70th」と書かれていて、よく考えたら今年は大商連(大阪商工団体連合会・・・大阪府内の民商を束ねる県連組織)は創立70年を迎えるようで、それまで府内にあった民商の前身組織を束ねるために、作られた組織なんですが、八尾民商はそれよりも3年古く、創立73年になるものの、10年後には全国47都道府県で民商の数と会員数が多い大商連+その傘下の民商も、大体は壊滅までは行かなくても、民商同士の合併を行い、何とか命脈を絶やさないようにするでしょうが、どうなることやら♪

大阪府民商とは商工業的背景は違うものの、横浜市では4つの民商が合併しているだけに、その時は私も八尾民商の事務局長でしたが、かなり衝撃を覚えました。

さて消費税については、私は10%になった時に、民商は一律8%に戻せと言うかと思ったら、その予想は完全に外れましたよ~。

今までの民商の消費税に対する姿勢は下記の通りです。

消費税3%時代・・・「消費税は廃止せよ!」

消費税5%時代・・・「消費税を3%に戻せ!」

消費税8%時代・・・「消費税を5%に戻せ!」

そして今回消費税が10%になったら、「5%に戻せ」とは、これは19年弱民商の世界にいた私ですら、予想が全く出来なかったです・・・・。

上記の流れを見たら、民商がいかに節操がない、大衆迎合ばっかりと言うのが、よく分かります♪

国にお金がなければ、消費税増税ではなく(なお消費税を1%上げたら、2~3兆円の増収になります)大企業から、内部留保金を巻き上げればいいという発想、これは民商の事務局の頭に刷り込んで、徹底洗脳されるのですが、理論的かつ根拠があることを言えない民商って、幼稚園児のお遊戯と変わらんので、こんなところに大切な税金の相談は、できるはずがないっちゃぁ~(^o)ノ!!!

 

鳥取市の家で過ごす節分♪

f:id:matsukento:20200203104245j:plain

鳥取市の家で過ごす節分♪

2月3日の節分の日は、鳥取市でゆっくりと過ごしました。

上のテレビの写真は、関西2府4県や、中京3県、石川県に広島県と福岡県などでは放映していない、フジテレビ系(鳥取県島根県では、山陰中央テレビ・・・TSKで放映)の朝の情報番組である、「ノンストップ!」でちゅ。

私は平日に鳥取市に帰ったら、ノンストップ!を観るのを楽しみにしています。

キューピーちゃんが立っているテレビの根元、よく見たら埃があるので(この写真を見て、初めて気づきました)、今度鳥取市の家に帰った時は、ちゃんと拭いておかんとイケマセン(o^_^o)v!!!

f:id:matsukento:20200203104619j:plain

鳥取県の地元紙である、日本海新聞のテレビ欄です。

鳥取県島根県は、ご存知の通り民放テレビのエリアは同じですが、にもかかわらず、テレ東は別にしても、テレ朝系の放送局がないのです。

山陰両県は昭和47年(1972年)から、民放が3局あって、テレビの先進地域だったのに、それから全然進化していないのです。

ただしケーブルテレビの普及で、鳥取市の家では区域外放送局である、大阪朝日放送(ABC)や、岡山県の放送局で、テレ東系のTSCテレビせとうち、そして兵庫県の県域放送局で、阪神戦に力が入っているサンテレビを、視聴することができますよ~。

f:id:matsukento:20200203104415j:plain

この日は節分だったので、近所のスーパーに行って、「たっぷりツナのサラダ巻」、つまり恵方巻を買いました♪

それにしても、鳥取県にはかつてこのような文化習慣はなかったのに、今では大阪船場を発信源として、ハロウィンと同じく、爆発的に広まったのですから、ホント日本人って、この手のものが好きですよ~。

f:id:matsukento:20200203112337j:plain

ちょっとピンボケ気味ですが、具材はこんな感じです。

私としては鉄火の太巻きを食べたかったものの、なぜかスーパーでは、海産物系がほぼなかったのでちゅ。

今年の恵方は西南西とのことですが、私はそのようなことは気にせず、とにかく腹が減っていたので、むさぼるように恵方巻を丸かじりしたっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

 

 

早速肩書♪

*早速肩書♪

私は東大阪市老健施設に、1月1日付で転職(実際の勤務開始日は4日から)したのは、皆さんご存知の通りです。

仕事は「今までのグループホームや、サ高住では事務職はなかったのに、新職場の老健は事務職が多いな~」と思った次第でちゅ。

もちろん本務は介護なので、そちらが優先になります。

さて私は、まだ新参者なのに、フロアの「サービス担当者」という肩書?を頂きました(o^_^o)v!!!

それまでは総合主任が担当していたものを、私が引き継いだわけです。

それにしても私より先輩で、仕事もできる人はたくさんいるのに、何で私が?といった心境ですよ~。

私としては、鳥取市に完全復帰するまでは、新職場で一兵卒として、気楽に働きたかったのに、どうも介護の神様はそれを許さなかったようです。

多分私が介護福祉士の国家資格を持っているので、目を付けられたのかも知れません♪

なお介護の仕事は。介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)の資格がなくてもできるものの、私が介護施設の管理者なら、無資格は論外で、初任者研修どころか、実務者研修(旧ヘルパー1級)を持っていても採用せず、介護福祉士または看護師資格を持った人しか、採用しないでしょう。

とにかく私は「資格主義者」なんでちゅ。

資格と言えば、民商は税理士資格がない事務局に、法人会計や個人事業の確定申告をさせてますが、これらは当然違法です。

私も八尾民商の事務局長時代に、税理士資格を持った人材を採用したかったのですが、結局は八尾民商とケンカ別れして、その目的は達成されなかったのです。

なお民商事務局員の世界も出世が早く、私は入局9年で事務局次長、そして10年で事務局長になりましたから、局長在職8年でさまざまな改革を行い、それ相応の実績を残した自負はあります♪

介護の世界に戻ると、私が勤めてきたグループホーム(Y田医院)や、サ高住は、事務的な仕事は皆無で、その点は楽でした♪

2か月勤めたサ高住を辞めた後、各介護施設へ面接に行ったら「ウチではヘルパーにパソコンは触らせない」(←私はできれば触りたくないです)というとこもありました。

それにしても怒涛のような毎日(公休日は除きます)になり、マジ肩が凝ります。

頭も体も使わんとイケン仕事、意外と私ってマメなので、妥協を許さないとこがありますよ~。

勤務時間は8時30分~17時30分なんですが、17時に利用者の食事介助をしている時は、八尾市の高級賃貸マンションに帰って、晩酌をすることしか頭にないでちゅ。

3日後は鳥取市の家に帰りますが、新職場で溜まった疲れを、一気に癒したいもんだっちゃぁ~(^o^)ノ!!

 

 

 

あのぅ、私は鳥取県人なんですが・・・(*^^;)。

あのぅ、私は鳥取県人なんですが・・・(*^^;)。

私のブログは、鳥取市鳥取県)と八尾市(大阪府)を結ぶ懸け橋であるのは、皆さんご存知の通りです。

でも最近八尾市+大阪府ネタをアップすることが少ないので、ちょと頑張らんとイケマセン♪

まあ鳥取県大阪府は文化は言葉を除けば、そう違いはないです(o^_^o)v!!!

でも食文化で大きな違いがありましたよ~。

私は職場での昼食は、前職や前々職の時も、利用者と同じ食事を食べていて、この点はさすが「中学校給食促進主義者」だけのことはあります。

ところが先日の昼食は、鳥取県人からすれば、信じられないメニューだったのでちゅ。

その内容は「主食=白ご飯(梅ゆかりのような、ふりかけが乗ってました)」「味噌汁」「副菜=海鮮サラダ」と、ここまではいいものの、「主副菜」がなんと、「焼きそば+たこ焼き」だったのです!

さすすがに焼きそばやたこ焼きをおかずにして、ご飯を食べる気は起きなかったので、私はご飯と味噌汁、海鮮サラダだけを食べただけでした。

よく大阪では「お好み焼き定食」があって、東京人が驚くという話は聞くものの、ご飯とたこ焼きは初耳初見で、「こればっかりは鳥取県人の口には合わん!」と思った次第ですよ~。

以前餃子の王将で、「餃子定食」を食べたのですが、もちろんご飯のおかずが餃子で、完食は何とかしたものの、気分が悪くなって、吐き気がしました。

なお餃子の故郷である中国では、餃子はご飯と同じく「主食」であり、主食同士を食べる習慣はなく、餃子は餃子だけで食べるのが、中国の習慣で、餃子をおかずにしてご飯を食べる日本人の姿は、中国人にとって奇異に映るようでちゅ。

それにしても大阪府が「B級グルメの聖地」とはいえ、高齢者施設で利用者が、そのようなメニューに文句を言わないのか、本当に不思議です。

でも専属の栄養士さんも、一生懸命毎日3食の食事を、それも利用者個人に合わせて考えてますので、一介護福祉士の私が、とやかく言ってはいけません♪

中学校給食の普及率も100%になっているはずの大阪府ですが、いいように考えたら老健など高齢者施設も、食のワンダーランドということだっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

 

母親の考えは古いのでは?

*母親の考えは古いのでは?

実は私は、1月4日からまた新しい職場に転職しました。

昨年10月1日に、八尾市内のサービス付き高齢者住宅(サ高住)に、キャリアアップを狙って転職したものの、仕事内容は家政夫そのもので、せっかくの国家試験である、介護福祉士の資格を生かせれなかったのでちゅ。

同僚はみんないい人ばかりだったものの、あまりにも親切すぎて、困ったこともあります。

例えば私が利用者のトイレ介助や、おむつ交換をしている時、常にサ責の職員など、先輩がべったりと引っ付いてくるのですよ~。

「マンツーマンで丁寧に指導」なのは分かるものの、私も介護福祉の世界で、4年余りも働いているだけに、今日昨日から初めて介護の仕事を始めた、ズブの素人ではないだので、さすがにこれは息苦しかったでちゅ。

そして今度は八尾市の北隣にある、東大阪市の介護老人保健施設老健)に転職しました。

気になる通勤時間は、八尾市の高級賃貸マンションから、自転車で近鉄八尾駅まで7分、そこから準急電車に乗って、ノンストップで東大阪市の中心駅である布施駅まで5~6分、さらに徒歩で職場まで5分と、電車の待ち時間を除けば、17分(実際は25分はかかります)で行けますよ~。

ちなみに職場は、医療法人が経営母体であり、7階建ての高層建築なんです。

収容定員は100人(実際は90人前後が入居)で、今までの中では、最も規模の大きい施設になります。

大所帯でもユニット制のため、各階に食堂があり、少人数となるので、意外と楽なんです♪

圧巻なのは入浴で、週2回お風呂の日が設けられていて、大浴場に1日で全利用者の入浴を済ませるわけです。

老健施設のいいとこは、特養や有料老人ホームが「終の棲家」なの対し、老健は「リハビリをして、元気になって家に帰って頂く」というもので、明るく前向きな姿勢に、私も共感したのです(o^_^o)v!!!

もちろん家政婦みたいな働きではなく、介護福祉士として頑張れるのが、嬉しいです。

先日母親に電話して、「再転職した」と話したら、「何で仕事を変えるの?」と、訝しげな声で聞いてくるのでちゅ。

母親は昭和17年(1943年)12月8日生まれで、同じ12月生まれの私とは、歳が27歳違いますので、モノの考え方に違いがあるのは、仕方ないかも知れません。

母親はとにかく、職場に嫌な人がいても仕事に不満があっても、我慢して働けという考えで、確かにそうでしょうが、合わない仕事を無理してやっても、使用者+労働者にとって、不幸極まりないです。

母親の父親(私の母方祖父)は、大日本帝国海軍の将校で、終戦後は鳥取県米子市内で建設会社を興し、お金持ちになっただけに、当然ながら母親はお嬢さん育ちなんですよ~。

そして鳥取県職員の夫(当然私の父親)となり、安定した生活に就けたので、よく考えたら母親は、人生の勝者なのかも知れません♪

もちろん母親も仕事は学研のおばちゃん、鳥取市内の高級料亭での仲居さんなどを経験してますが、やはり世間知らず感が漂っているのは惜しい!

私が再転職したのは、真にキャリアアップしたいのが目的だっただけに、その点を理解して下さいというのも、無理があったりして?

確かに私の父親は、鳥取県の幹部職員にまでなって、年収が1000万円、退職金も3000万円貰っているので、公務員の妻は冒険を嫌がるのでしょう。

ましてや甥(私の長姉の長男)が、ご存知の通り、厚生労働省の職員となり、現在静岡市で頑張って働いてますから、私の再転職はなおさら母親から見たら「仕事をコロコロ変える遊び人」に映るのかも知れないでちゅ。

でも私は民商に19年近く勤めてましたので、仕事はそんなに変わっていないのです♪

もちろん公務員や銀行員になって、辞めてしまったらもったいないだけに、母親の考えは古いと思う反面、分からない気もせんでもないっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

 

「鳥取市副都心」さんぽ♪

f:id:matsukento:20191230112746j:plain

*「鳥取市副都心」さんぽ♪

鳥取市街地よりも西側、JR山陰本線鳥取駅より2つ目の、鳥取大学駅まで行ってきました。

ここはその駅名通り、国立鳥取大学の最寄り駅なんでちゅ。

f:id:matsukento:20191230113113j:plain

鳥取県の最高学府である、国立鳥取大学です。

学部はここ鳥取キャンパスには、地域学部、工学部、農学部があり、鳥取市から西へ90キロ離れた米子市には、医学部があります。

ただし医学部の学生も、2年生までは鳥取キャンパスで学んで、3年生~6年生の4年間は、米子キャンパス(鳥取大学付属病院もあり)で学びまちゅ。

鳥取大学農学部は有名で、国際乾燥地農学コースがあり、昨年アフガニスタンでテロリストの凶弾に倒れた、中村哲先生に通じるとこがあります。

日本一の大砂丘がある鳥取市だけに、砂漠の緑地化の研究が盛んで、まさに中村先生の意思を学ぶことができます♪

鳥取大学の近くには、付属の小中学校があって、地元衆議院鳥取1区選出で、自民党元幹事長で、安倍首相から干されている石破茂さんは、同小中学校の出身です。

f:id:matsukento:20191230113548j:plain

天晴な冬空ですよ~。

f:id:matsukento:20191230113754j:plain

f:id:matsukento:20191230113840j:plain

鳥取市唯一?の、スクランブル交差点です。

やっぱり渋谷のそれは、外国人からは観光地として見られているだけに、東京は本当に凄いとこです(o^_^o)v!!!

 

f:id:matsukento:20191230114202j:plain

鳥取大学周辺は学生の町だけあって、ラーメン屋が多く、ここ紺のれんさんも、美味しいラーメン屋さんで有名みたいでちゅ

ただし意外だったのは、コンビニが1件しかなかったことですよ~。

f:id:matsukento:20191230132316j:plain

私も昼食を食べることにしました。

場所はJR鳥取大学駅から、鳥取駅寄りに歩いて行った次の駅である、湖山駅近くの大門さんでちゅ。

f:id:matsukento:20191230121646j:plain

心臓と上ロースを、ジュージューと焼きます。

心臓はコリコリとした食感が好きで、ご飯にもよく合います♪

f:id:matsukento:20191230130434j:plain

マッコリも美味かったですよ~。

鳥取市街地は、「孤独のグルメ」で、ゴローちゃんがぼやいていたように、昼間食事をできるお店が少ないものの、ここ「鳥取市副都心」は、ちょっと郊外なので、外食するにはさほど苦労はしないです。

それにしても鳥取市は、「京都・大阪・鳥取ミシュランガイド」にも載っているお店も多いのに、昼間の旧市街地では、閉まっている飲食店が多いのは、惜しいとこだっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

 

謹賀新年♪

f:id:matsukento:20191231211504j:plain

*謹賀新年♪

新年明けましておめでとうございます。

今年が皆さんにとっていい年になりますように(o^_^o)v!!!

昨年の私はじゃい介護福祉士国家試験に合格したので、この勢いで介護の世界で頑張っていって、民商をぶっ飛ばす勢いで頑張ります。

なお上の写真は年越しそばで、えび天が二匹+油揚げが一枚入っています。

f:id:matsukento:20200101073036j:plain

f:id:matsukento:20200101073218j:plain

毎年恒例で、皆さまから見破られているとは言え、今年も初詣は鳥取市の家の近所にある、村の鎮守様である桂木神社に行って来たのでちゅ。

f:id:matsukento:20200101074121j:plain

鳥取市の元日の日の出は、朝7時6分だったものの、雨が降っていたせいか、太陽を見れたのは、8時近くだったのですよ~。

f:id:matsukento:20200101074405j:plain

ついでに隣の生山(しょうざん)地域にある、辻堂にも行ってきました。

f:id:matsukento:20200101074438j:plain

辻堂の中の仏間には、木製の仏様が3つ三座してましたよ~。

f:id:matsukento:20200101074824j:plain

桂木神社と並んで、元日に訪問するものとして、この江戸時代文化年間に建立された、六地蔵様にも、新年のあいさつをしました。

f:id:matsukento:20200101084040j:plain

家に帰ったらカズノコを食べました♪

ただし私もお金をケチったせいか、量が少なかったでちゅ。

実はエビやブリの刺身も買う予定だったのですが、なぜか昨日それを忘れてしまったのですよ~。

この年末年始は、プルルン裕希がお受験(龍谷大学には受かっているものの)のため、私1人の帰省ですが、来年は家族全員で帰省して、鳥取市の北海道料理店である。「北の大地」でジンギスカンとか石狩鍋とかを、たらふく食いたいし、プルルンんの好きなネギマも同じくでちゅ。

でもよく考えたら、北海道風鶏の唐揚げである「ザンギ」なら分かりますが、ネギマなんかどこ行っても食べれますので、プルルンは龍谷大学に合格したとは言え、北海道や九州に飛ばした方が、彼のためだっちゃぁ~(^o^)ノ!!!