それじゃ悲しい♪

*それじゃ悲しい♪
昨日の朝日新聞の経済面を読んでいたら、「製造業4万社消える」という記事がありました。
平成14年(2002年)〜平成22年(2010年)の9年間で、なんと4万社もの企業が「消滅」したわけです!
原因は大企業の海外移転に伴い、日本の中小零細企業が立ち行かなくなり、廃業してしまったわけです。
4万社のうち、95%を中小企業が占めるとか・・・・(汗)。
中小企業団体の事務局長として、本当に心が痛む数字だっちゃぁ〜!
大阪府八尾市といえば、製造業の中小企業がひしめく「ものづくり」の町です。
大阪府内だけで言えば、大阪市堺市に次いで工業出荷高が多い自治体でもあります。
御多分に漏れず、八尾市の製造企業も減少しており、平成11年(1999年)のピーク時には、製造企業社が4305社あったのに、6年後の平成17年(2005年)には、なんと1千社もマイナスとなる3300社までに減少しています!
6年前でこの数字なので、今ならさらに1千社減っていてもおかしくないでしょう。
何回か「鳥取・八尾日記」でも書きましたが、20年後には八尾市の人口は6万人減って、21万人になるだろうと予測されています。
これは八尾市内の「中小の製造企業」の廃業数と比例していると言われています。
私自身が18年後には、八尾市の人口を減らす(鳥取に完全復帰のため)、要因の一人だけに・・・・(汗)。
日本の9割は中小企業であり、さらにその中小企業が7割もの雇用を確保しています。
中小企業は日本の経済や「ものづくり」を支えてきただけに、大企業の海外移転のために、産業が空洞化、雇用の減少、そしてものづくり技術の伝承が困難になってきたのは、日本の将来にとって、如何なものか?と思います。
原発の部品でも、町工場の鉄工所の職人が製造して、熟練された経験で汎用旋盤を操作して、寸分たがわぬ重要な部品製品を作っているわけです。
残念なのは、わが中小企業団体八尾市事務所の企業会員さんが、「でも何やかんや言っても、俺たちは大企業の『おこぼれ』を頂いて生きている」と話されていたことです。
私はその発言を直接聞いていませんが、私なら「中小企業こそ日本経済の主人公!、大企業だって(前述の熟練工のように)中小企業の技術があってこそ、成り立っておるんだで!」と説明するでしょうが・・・・。
本当に「それじゃ悲しい♪」という心境でちゅ。
何で悲しいのに、語尾に音符が付いとるだいやぁー!、と突っ込まれるかも知れませんが、気にしない気にしない・・・(汗)。
八尾市も10年前に西日本で初めての「中小企業地域経済振興基本条例」を制定して、「大企業者等の努力」を明記した、先進的な経済振興条例でしたが、これも今年に改定され、内容が後退してしまいました(悲)。
住宅リフォーム助成や、製造企業の固定費補助などを制定させる働きかけも、わが中小企業団体は東京の本部を先頭に、日夜奮闘しています!
これらの政策が、製造業や建設業の仕事興しにつながるだけに!!
鳥取・八尾日記」昨年平成22年(2010年)11月21日付の、「大阪県連60周年記念行事『八尾の底力』」で、八尾市の「ものづくり」の情報が特集されていますので、是非読んでみて下さい♪

日本の「ものづくり」技術は本当に優秀です。
このナショナル(現パナソニック)の食器洗い乾燥機は、「これなら置ける!」をキャッチコピーに、一般家庭に食器洗い乾燥機を普及させた名機でございます!
写真を見ても分かるとおり、そんなに場所を取っていないでしょ♪
この食器洗い乾燥機は、12年前の配偶者の純子ちゃんと、結婚した直後に買ったものです。
数回ほど故障したことはありますが、その度に修理してきました。
そしてまた故障!
さすがにまた直しても、モグラ叩きみたいに再び故障するかもしれませんので、新品を買うことにしました。
一度食器洗い乾燥機の「楽チンぶり」を覚えると、そこから抜け出ることができないだけに・・・(汗)。
「これなら置ける!」の食器洗い乾燥機ちゃん、12年間ありがとうございました♪

それにしても今回の記事、わが郷土「鳥取」のことが比較対象としても出ていません(笑)。
前回の記事名が「鳥取県人の誇りと喜び」だったので、今日は八尾市に大いに活躍してもらいましょう♪
鳥取・八尾日記」を応援して下さる方なら、写真のツインタワーマンション、ご存知ですよねぇ〜♪
今年の7月19日付の「オール電化・・・・(汗)。」で紹介した、「メガシティータワーズ」でちゅ♪
皆さんもお気づきだと思いますが、最近から「はてな」のブログのコメント欄の下に、広告が入っていますよね?
「公式−メガシティータワーズ 駅徒歩1分、41階建てタワーマンション〜」、という広告が表示されていることがあるでしょ?
それがこのマンションなのです!
八尾市のJR大和路線久宝寺駅南側に建っています。
最近から「鳥取・八尾日記」に遊びに来てくださった方のために、もう一度おさらいしてみました♪
改めて、日本は「ものづくり」、「建設」、そして「農業」と、世界に誇れるものに満ち溢れています。
日本のお米は海外でも人気です。
でも忌まわしい原発事故さえなければ、農業力で打って出ることも出来たのに・・・・(悲)。
原発風評の克服はもちろん、国内の食料自給率も限りなく100%に上げないとイケンよなぁ〜。
第一次・二次・三次産業が巧に関わり合って、日本の戦後復興と世界の経済を牽引してきたと思うだけに、早く日本の産業には元気になってほしいなぁというのが、ほとんどの日本人の思いでしょう!