秋晴れの旧鳥取市街地散歩♪

f:id:matsukento:20211101110329j:plain

*秋晴れの旧鳥取市街地散歩♪

11月2日と3日は公休が続きましたので、10月31日の朝に夜勤が終わった後、鳥取市に帰りました。

天気が爽やかなな秋の空で、寒くもなく、体を動かしていたら、ちょっと暑くなってきました。

f:id:matsukento:20211101111014j:plain

鳥取駅北口前にある、名所の花時計です。

時計の針は冬になれば積雪で壊れかねませんので、その間は外されてしまいまちゅ。

花時計に使うお花ですが、私も実際にお会いした、植物に詳しいmiyotya様やGAEI様に企画を練って頂いたら、もっと美しいものになると思います(o^_^o)v!!!

f:id:matsukento:20211101111049j:plain

花時計の北隣にある、居酒屋の横濱魚萬さんです。

ここには入ったことはないものの、私が東京に行った時、都内でお宿を押さえることができなかった(蒲田でも無理だった!)ので、多摩川を渡って神奈川県側の川崎市のホテルを調べたら、空き部屋が多くって、無事に泊まることができ、近所にはこの魚萬さんがあったので、「さすがは県都横浜市だけのことはあり、鳥取駅北口と同じ魚萬さんがあるのはさすが!」と、メッチャ感動しましたよ~。

f:id:matsukento:20211101111400j:plain

土蔵造りの鳥取民芸美術館(左の高い方の建物)と、割烹たくみさんです。

私がよく記事で書く「しゃぶしゃぶの原型」である、「すすぎ鍋」を提供するお店で有名です♪

f:id:matsukento:20211101111413j:plain

f:id:matsukento:20211101111419j:plain

たくみ割烹店の売りは、やっぱりすすぎ鍋ですが、鳥取和牛を使ったものは、一番高いので7500円もしまちゅ。

でも味噌煮込みカレー(鳥取県になぜ名古屋めしの「味噌煮込み」があるのか、これは謎)は1100円ですし、ハヤシライスも似た値段ですので、これらはお得です。

たくみ割烹店で使われる食器は、鳥取県の窯元で焼かれたもので、すすぎ鍋は高くて手が出ない若者でも、カレーやハヤシなら価格はお手頃ですので、身近に民芸品と触れ合う機会が増えて、文化継承をつながるのを期待する面もあります。

f:id:matsukento:20211101111456j:plain

民芸品はどこの地方でも、本当に温かみがあり、その地域の産業として大切なものだったというのが、実感できます。

f:id:matsukento:20211101111756j:plain

鳥取市の家に常駐させている、クロスバイクスペシャライズド号は、ここフクハマさんで買ったものです。

f:id:matsukento:20211101112340j:plain

中国電力鳥取支店です。

私は中国電力と、関西電力に電気代をそれぞれ払ってますが、原発大好きの関電はイヤなので、八尾市の高級賃貸マンションの電気は、大阪ガスのにしたいでちゅ。

f:id:matsukento:20211101112438j:plain

中国電力鳥取支店の斜め向かいにある、以前から興味があった、韓国料理の「済州」(チェジュ)さんに行ってみました♪

経営者のアジュマ(韓国語で「おばちゃん」という意味)はもちろん、屋号と同じく済州島の出身です。

f:id:matsukento:20211101112731j:plain

f:id:matsukento:20211101112737j:plain

韓国と言えば、金属製の箸です。

昔の王朝時代、幹部陣が毒殺を恐れて、化学反応で変色する金属を箸に使ったのが、その由来みたいです。

箸が入っている袋には、漢字で「壽福康寧」と書かれていて、その右にはハングルで「チャス ヘン コンカン ピョンアン ソンニムコワ ハムケハプニダ」と表記されています。

韓国語も裏は漢字語なのですが、これはさすがに意味が分かるようで、よく分からないです。

なお韓国では箔を付ける時はほぼ絶対、漢字を使います♪

f:id:matsukento:20211101113604j:plain

キムチとベーコンのチーズ焼き、キムチが本場の味で、ちょっと辛かったです。

チーズタッカルビが日本でも大人気で、市民権を得ていますし、チーズも空前のブームで、このようなお料理は受けるのでしょう♪

f:id:matsukento:20211101121826j:plain

スンドゥプチゲも頼みました。

いざお料理が来たら、単品ではなくご飯(左下の丸い金属容器の中に、白ご飯が入っています)も付いてきて、もちろんナムルも同じくです。

スンドゥプチゲの中には豆腐(ドゥプ)だけでなく、あさりや豚肉も入っていて、白ご飯も進みますし(おかわりしようかと思ったぐらい!)、ナムルも本場の味で美味しかったです♪

ちなみにスンドゥプのスンは、漢字で書けば「純」で、つまり純子ちゃんの「純」なのでちゅ。

だからスンドゥプは漢字でまとめ表記したら、「純豆腐」になるわけです。

f:id:matsukento:20211101113818j:plain

マッコリをボトルで頼んだら、瓶ではなくこのような「高麗の焼き物」風の、味がある大徳利?で出されました。

まさに韓国の雰囲気が、鳥取市旧市街地でも、漂いまくってますよ~。

f:id:matsukento:20211101132236j:plain

済州さんを出て、旧鳥取市役所があったとこの前を通りました。

左の幕が掛けられているのは、旧市役所の本庁舎で、右側は鳥取市明治生命から買い取って、予備庁舎にしていたビルで、現在解体が始まっているようです。

鳥取市役所の旧本庁舎跡地は、緑化公園になるとかならんとか、情報を私もつかみ切ってないものの、新市役所が建った鳥取市幸町(そもそも昔はここには旧鳥取市立病院があり、私が生まれた「神聖」な所です)も、旧市立病院を郊外に移転させてから、空き地になってからは、駐車場とスケボー練習場として活用されていた経緯もあり、旧市役所跡地もスケボー練習場にすべきですよ~。

全国的にスケボーを公道上で練習していて、それで事故につながることもあるので、鳥取市は元々スケボー練習場を設けた、先進都市なんですから、その培われてきた「財産」を捨てるのは、絶対にもったいないです。

爽やかな秋の鳥取市旧市街地散歩、これでまたエネルギーを貰えましたので、今年もあと2か月になりましたが、頑張って仕事やプライベートを、充実させんとイケンっちゃぁ~(^o^)ノ!!!