セクハラ民商列島!マツケンの恥部und黒歴史!

*セクハラ民商列島!マツケンの恥部und黒歴史

八尾市陽光園2丁目1-2にある、八尾民商会館です。

ここはさまざまな謀略や違法行為、そして裏切りが渦巻いている、とんでもないとこなんで、ご近所さんもいい迷惑でちゅ。

まさに悪、いや「アカの巣窟」です(o^_^o)v!!!

私もここで18年3か月勤めて、うち事務局次長は8か月、事務局長代理は5か月、そして事務局長を8年していたのですから、八尾民商の裏の裏まで知り尽くしていますよ~。

なおこの八尾民商会館、昭和30年代中盤にブラシ会社が建てたものらしく、それを八尾民商が昭和47年(1972年)に買い取って、元々2階建てだったものを、建て増しして3階建てにしたと聞きますが、中に入ったらそのようなことは微塵も感じないのが不思議です。

今なら違法建築になりそうですけど、50年前は問題なしだったのでしょうか?

八尾民商会館の裏側です。

ここではかつて、一流半大学卒業のT岡さん(私より24学年年上なので、現在77歳)が事務局員時代に、当時八尾民商に入局してさほど月日が経っていない、M元M美子ことマミヤン(なお私はマミヤンと同日入局です)の胸を、実力行使で触ろうとしたのですよ~。

もちろんマミヤンは速攻でT岡さんの手を払いのけましたが、見事に触られていたら「その場は地獄になっていただろう」と、えらく怒り心頭でした。

それが私に妙なメッセージを植え付けてしまい、当時26歳の私は「T岡さんみたいに一流半の大学を卒業していたら、(マミヤンの)胸を触ろうとしても許されるんだ」と、今思うと無茶なことを考えてしまったのです。

いくら若いとは言っても、限度はありますよね♪

そして私が見てはいけないものとしては、私が仕事中何気なくマミヤンの背中を見たら、彼女のビュステンハルテァー・シュヴァルツリニエが目に入ってしまい、おまけにそのアイゼンの盛り上がりというおまけ付きで、私はドキッとするのを通り越して、頭の中の配線とネジが音を立てて崩壊してしまい、そこからマミヤンの尻を追いかける、まさにマツケンの恥部und黒歴史の始まりなんでちゅ。

それからはマミヤンが頻繁に夢の中に出てきて、その内容はとてもここで活字にできるものではなく、その話をM田(当時彼はマミヤンをけなしまくっていました)にしたら、「それはマツケン君(実際は本名)の願望ですよ~」と言われ、ホント私が堕落化けしていくのが、自分自身で実感できたのです。

そして2002年、東大阪市長選挙の応援で、先輩のS木F恵さん(のちに部下)と一緒に、東大阪東部民商の会員宅を訪問して、「現職(共産党員の)である長尾淳三をよろしくお願いしまう」とあいさつ回り+投票の訴えをしていて、東大阪市内の路上を歩いていた時、何を血迷ったのか私は、あのS木さんに対して、マミヤンに対する「不適切発言」をしてしまい、私はついに破滅を迎えたのですよ~。

それにしても私が「不適切発言」をしたのは、本当に不思議で、私のこの恥部+黒歴史について、7年前である2015年に我がブログでアップしたら、女性ブログ友である白魔女様やhimekagura様から、お叱りのコメントを受けましたが、これは当然のことでちゅ。

私が「不適切発言」をした当時は、もう純子ちゃんと結婚して3年経っていて、プルルン裕希も1歳になる年だったので、私も純子ちゃんという配偶者がいながら、いくら魅力的な女性とは言え、マミヤンのバストにうつつを抜かすとは、どうかしていましたよ~。

私の「不適切発言」については、マミヤンは「ガハハハハハ~!」と豪快に笑い飛ばし、全然気にしていなかったのは、せめてもの救いでした。

なおマミヤンもT岡さんと同じく、誤ったメッセージを私に流していて、彼女の私に対する評価は「マツケン君(実際は本名)のことは、嫌いじゃないけど、恋愛の対象ではない」と、私は「マミヤンはオレのことを嫌っとらんかっただぁ~!」と、これまた妙に前向きな受け止め方をしてしまい、さらに話がややこしくなったのでしょう。

もちろん私もマミヤンに対する「不適切発言」で、大いに叱りを受けていますから、その後は一切メチャクチャなことは言っていませんし、頭の中でも考えていません♪

なおセクハラなんですが、なぜかマミヤンばっかりが「被害者」になっていて、他民商の事務局長とかが、八尾民商で会議がある時に、決まってマミヤンに対するからかいを通り越して、下品な言葉で始末する、なぜそれがまかり通るのかは本当に不思議で、八尾民商の常任理事・支部長まで勤めたS川(贈答品販売業)なんかは、マミヤンではないものの、当時自分の支部を担当していた、女性事務局員のN村K代子さん(なんと!純子ちゃんと小中学校が同じで、1学年上の先輩!)のお尻を触り、これまたS木さんから烈火の如く怒られたらしいので、民商というか、八尾民商はセクハラが平気でまかり通る、それをまた肯定する土壌があり、ある会員なんか「女の事務局員はワシの娘、孫娘みたいなものだから、ついセクハラもする、それのどこが悪い?、ワハハハ~!」と平気で豪語するのですから、八尾民商の程度はこんなもんで、私も「不適切発言」をした当事者なので、偉そうには全然言えないけど、八尾市が鳥取市可児市より格下の「2級都市」の扱いになるのも、至極当然かも知れないでちゅ。

話は変わりますが、八尾民商の宣伝カーです。

私が26年前に八尾民商に来た時から数えて、4台目の宣伝カーで、これは初の軽自動車なんです。

それまではでかい5ナンバー枠ギリギリの、でかい宣伝カーばっかり購入(というよりかは、役員からのお下がり)していて、5ナンバー車でも定員は8人ですから、宣伝行動で移動する時、それだけの人数を移送できるのは、確かに能率はいいものの、狭い道が多い八尾市内を移動するには、使い勝手が悪かったのも事実です。

私が事務局長の時に、経済面と財政のことを考えて、やっと軽自動車の宣伝カーになりましたが、抵抗勢力も一人だけいたのでちゅ。

それは私の前任者だったM川さんで、この方が事務局長時代は、何がなんでも「八尾民商は『日本一』でないとアカン!」という考えで、宣伝カーも安っぽい軽自動車を否定していて、私も「お金もないのに、税金が安い軽自動車で、何でイケンだか?、そこまで『日本一』にこだわる理由がよう分からんっちゃぁ」と、冷ややかな目で見ていました。

今の日本は貧しい国になり、その理由には民商のような原始的組織が、今でも何とか命脈を保っているのが問題で、これについてはまたの機会にお話ししたいです♪

八尾市は大阪ナンバーの最南端地域で、お隣の柏原市藤井寺市松原市は「和泉」ナンバーになります。

それにしても柏原市藤井寺市、そして松原市旧国名は「河内」なのに、なんで和泉ナンバーになるのか、これは私も大阪人ではないので、全く分からないでちゅ。

今回は20年前に私が犯した「不適切発言」について、2015年に我がブログで告白したのも加味して令和の時代に改めて復習して、何やかんや言っても、自分自身は反省という再学習機能は復活しているようで、これからは二度と過ちは犯さないように、気を付けんとイケンし、「セクハラ民商列島」の今がどうなっとるだか、えらい興味が津々だっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

 

湖山でフライシュ〈ミート・肉)三昧♪

*湖山でフライシュ(ミート・肉)三昧♪

肉をガッツリ喰らうために、JR山陰本線鳥取駅の西の一つ目に駅である、湖山駅までやって来ました(o^_^o)v!!!

私が通っていた鳥取県立高校の最寄り駅なんですが、学校まではちょっと遠くて、同じ列車に乗っていた同級生と、タクシーにに乗って、割り勘で学校まで通学してたのです。

湖山駅の前はこんな感じで、駅前なので交通の便は良く、一等地と言えんことはないのに、イマイチ活気がないです。

焼肉処 湖山大門さんに行って来ました。

ここは有名人も来てテレビでも紹介されてますので、まさに人気店です♪

とにかく鳥取和牛のオンパレードで、私も久しぶりに「肉専門」でガッツリ食べ幕しましたよ~。

鳥取和牛カルビと三種のカルビ、それらはもちろん美味しくって、ソーセージも同じくだったでちゅ。

さすがに肉ばっかり食っとったら、飽きてくるのでクッパも注文しました。

日本人の感覚から見たら、クッパって美味しい韓国料理なんですけど、同国では庶民的な食べ物とのことでちゅ。

日本で言えばねこまんまみたいなもの?と思ってしまいますが、それとあちょっと違うかも知れません♪

とにかく肉づくしの鳥取市帰省、今度は私が鳥取市完全在住時から慣れ親しんだ、太平線沿いの焼き肉大番さんに行かんとイケンっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

働くのがカッコ悪いなんて誰が言った~!?

*働くのがカッコ悪いなんて誰が言った~!?

この4月から、30年ぶりに深見じゅんさん原作のテレビドラマが、帰ってきました♪

その名は「悪女(わる)働くのがカッコ悪いなんて誰が言った~I?」と、1992年(平成4年)に放映された、石田ひかりさん版以来の復活で、令和版「悪女(わる)には、「福岡で一番可愛い女の子」と評価が高い、今田美桜さんが演じていますが、確かに可愛いでちゅ。

石田さんの時もそうですが、主役は今田さんが扮する「田中麻理鈴」(まりりん、以下マリリンと表記します)で、三流大学を四流の成績で卒業して、株式会社オウミという、一流IT企業(前作では総合商社だったような?)にコネ?入社して、持ち前の明るさと行動力で、出世の道を邁進する、私好みのドラマで、もちろん30年前の石田さん版も、毎週欠かさずに観ていました(o^_^o)v!!!

なおマリリンという名前は、彼女の(役柄上での)祖父か父親がマリリン・モンローのファンで、そう付けたらしいです。

実は今回の令和版の悪女(わる)の第1回目は見逃したので、無料配信サービスで観ておこうっと。

マリリンは酒豪でもあるのです。

マリリンは平成版の石田さんでは、短大時代(令和版は四大卒)に「宴会同好会」に入っていたという設定で、確かに30年前の平成版、今の令和版を観ていたら、そのような描写がいくつかあって、ブログ友のSPYBOY様なら、絶対に正視に耐えれない番組かも知れないでちゅ。

お笑い芸人のハリセンボンの、近藤春菜さんも出演しています。

彼女は女優ではないのに、ネットニュースでは「演技が上手!」と高評価を得ていて、その他にも阿佐ヶ谷姉妹渡辺江里子さん、アンミカさんも出ていて、明日放映される第5話では、ぐっさんこと山口智充さんも出演予定で、その回ごとにゲストが出るのは、確か平成版にはなかったと思いますので、令和版はかなり知恵を絞っていますよ~。

令和版の今田さん=マリリンんの名物となった感がある?、スライディングブレーキですが、この大袈裟な演技が私には受けて、夜勤時に職場のフロアで深夜時に真似しようかと思いましたが、廊下や食堂には防犯カメラがあるので、恥ずかしい光景を見られたくなく、実行に移せていないでちゅ。

今田美桜さん、マリリン役として髪型もおかっぱで、目も大きくひん剥いてますが、それが白目になる時もあり、これまた堪らないです。

それと服装も「ダサ可愛い」という評価もあり、でも似合ってしまうのは、さすがは福岡一可愛い女の子だけのことはあります♪

2回目の放送時には、平成初代マリリン役だった、石田ひかりさんが、株式会社オウミの人事課長として出演しています。

やっぱり彼女が出演したら、平成と令和の30年の時空を埋めてしまう、何か不思議な力があります。

なお株式会社オウミの本社屋は、栃木県庁を使っているようなんですけど、ロケの度に県政に支障は出ないのだろうか?

私は長いことドラマの類は見てなかったですが、さすがに悪女(わる)が30年ぶりに放映されるとなれば、絶対に見ないとイケンと思い、鳥取市の家や八尾市の高級賃貸マンションでも、そしてもちろん夜勤時でも詰所の簡易ベッドでゴロゴロしながら、悪女(わる)を観ていて、私自身も今田マリリンちゃんから、力を貰える思いですよ~。

明日はいよいよ第5回目が、日テレ系で22時から放映されますが、私は夜勤とは言っても丁度その時間は手が空いているので、今から視聴が楽しみだっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

 

 

もうコロナから解放されたい! 今年のお盆には鳥取市立南中学校時代の、大規模同期会が開催予定♪

*もうコロナから解放されたい! 今年のお盆には鳥取市立南中学校時代の、大規模同期会が開催予定♪

それにしてもコロナ渦に世界が巻き込まれて、もう3年目になります。

マスク生活も慣れたとは言え、これから暑くなれば苦痛そのものです。

3年前、つまり2020年の初めに中国武漢市でコロナが「発生」した時は、世界的大パニックになりましたが、日本に限ってなら、もう3回目のワクチン接種を終えている方も多く、あのオミクロン株もその新種が出る、日本でもそれが確認されたとのことで、さすがに身構えましたけど、全国的な感染者数、例えば東京都の今日は一週間前の同じ曜日よりも減ったと、だいぶ落ち着いている感じがします♪

もうそろそろコロナのことを細かく気にしなくてもよいのではと、思っている今日この頃です1(o^_^o)v!!!

コロナの前ならインフルエンザが怖かったし、ニュースでもどこかの学校が学級閉鎖になったとか、その手の話が決まって冬季には流れてましたし、普通の風邪も一発で治す薬は未だにないのですから、それの特効薬を作った人は、絶対にノーベル賞間違いなしですよ~。

まあ人類の場合は天然痘だけを撲滅できただけでも、凄いとは思わないとイケマセン。

怖い病気の代表格は、やっぱりがんであり、昭和50年台中盤くらいから、日本人の死因理由はそれまでの脳卒中を追い抜いて、がんが一位になりました。

ただし令和の今と昭和の時代を単純比較するのは難しいと思いますし、今では人生100歳時代となり、それだけ「がんに罹患する機会が増える」ので、二人に一人は何らかのがんになるのでしょう。

がんの10年以上生存率は、50年前とは比較にならないほど飛躍改善されていて、全てのがん(膵臓がんや肝臓がんなど、ややこしいのも含めて)をひっくるめたら、なんと60%なんですから、昭和40年代みたいにがん宣告される=即・死ではない時代であり、これがさらに10年後、20年後になれば、さらに延びること間違いなしです♪

それと同じく昭和後期に全世界の人々を恐怖のどん底に追い込んだHIVにしても、当時は「感染したら免疫機構が破壊され、風邪を引いただけで死んでしまう」「がんより怖い」と言われていたのが、知らない間に発症を抑える薬も開発されて、これまた全然怖くないものとなり、人類の叡智ってマジ凄いと思い知らされましたよ~。

コロナにしても副反応の問題(私の場合は3回接種しても、それは全くなし!)もあり、3回目の接種をためらう人も多いでしょうが、ぜひとも3回目までは打って欲しいです。

それにしてもコロナワクチンを超短期間で開発したのは、HIVを抑え込んだのと同じですし、前述のがん10年生存率が大幅にアップしているのも、食道や胃、大腸などの部位はステージ1なら内視鏡で切除できるのも大きく、以前本を読んでいたら、医学の進歩は目覚ましく進んでして、5年前の常識はもう古くて化石状態とのことで、それを読んでいてえらく頼もしいと感じました♪

そう言えば、パチンコ店さんはコロナが流行り出した当初、科学的根拠がないのに、「クラスター感染の巣窟」と決めつけられていて、各自治体からパチンコ店さんに対して、営業自粛要請が出てましたよね。

そしてそれに従わないお店は、店名公表されてしまいましたけど、逆にそれが宣伝になって、営業を続けているパチンコ店さんはお客さんが一杯だったとのことです。

それと居酒屋さんとか、酒類を提供するとこも、同じく槍玉に上げられています。

これも根拠となるものがないに等しく、鳥取県の場合はクラスターは学校や介護福祉施設で起きていて、もちろん全国的にもそうでしょう。

超エリート校である開成高校から東大法学部に入学・卒業した名君平井伸治鳥取県知事(東京都千代田区生まれ育ちです)も「居酒屋とか飲食店でのクラスターが起こるのはありえない」と名分析されていて、実際そうだったのですから、さすがは平井知事陛下ですよ~。

もちろんまん延防止を出さなかったのも、営業努力をしない、全然儲からない一部の飲食店に、「休業協力金」という税金を投入するのを嫌った側面もありそうで、宮城県知事もそれを公言していました。

居酒屋さんとか飲食店は、上のいらすとやさんの絵のように、アクリル板で囲いを作れば、もう100%感染のリスクはなくなるはずです。

昨年3月に鳥取市立南中学校同級生の有志14人で開いた同期会も楽しかったし、さらに今年のお盆は60人規模で開く予定とのことで、もうコロナオミクロンなんか、どこ吹く風です♪

やっぱりみんな「平井伸治知事」という名君の「子」なので、過剰にコロナを恐れなくなっていると思い、確かに病気の類もそうですが、例えは悪いですが「反社」についても正しい知識を持っておかんと、むしろ自分自身が骨の髄までしゃぶられることになるので、やっぱりちょっとした学習や自己研鑽は大事ですよ~。

ただ今ゴールデンウイーク真っ盛り(介護福祉士の私には関係なし!)で、全国でいろんなイベントも3年ぶりに開かれるとこも多いようで、国民全体の「コロナ自粛疲れ」もあるのだと思いまちゅ。

1年ぐらいならまだしも、3年も辛抱なんて無理だし、もうそろそろ新聞やテレビニュースで、各都道府県のコロナ感染者の数を報告せんでも、いいと思います。

経済が回らなかったら各地域も活性化せんし、当然国や自治体に入る税金も減り、日本の国はコロナに過剰過敏に反応し過ぎて、ただでさえ個人所得ではGDPが10位の韓国にも抜かれているだけに、石橋を叩いて渡る慎重さも、時と場合によっては必要とは言え、逆に叩き壊してしまったら、もうどうしようもなく、日本の経済は失われた10年→20年→30年と、段々バージョンアップ?してますけど、これでは極東唯一の経済大国だった日本は、永久に再浮上できないのは火を見るよりも明らかで、どうせ再興が無理なら格好いい衰え方を考えんとイケンとこまで来とるっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

 

不適切発言も可愛げがあればいいけど・・・(汗)

*不適切発言も可愛げがあればいいけど・・・(汗)

吉野家ホールディングスの常務取締役が、信じられない発言で、常務を解任されました。

早稲田大学の社会人向け講座で、そのトンデモ発言が出て、若い女性に吉野家で飲食してもらうために、「生娘をシャブ漬けにする」という内容で、そもそも「生娘」という言葉って、時代劇ぐらいでしか聞いたことがなく、妙ないやらしさを感じまちゅ。

それと「田舎から出てきた若い女の子を無垢、生娘なうちに牛丼中毒にする」と、地方出身者を見下した発言は、絶対に許せません!

私も鳥取県出身者なので、まあ日本一番の田舎県なんでしょうが、我が県にも吉野家はいくらであり、別に全然珍しくもないです。

そもそも俗に言う「田舎」を馬鹿にする奴こそ、どうしようもない奴ばっかりだし、私が見てきた限りでは、そんな奴等は、いくら都会や人口が多い県で生まれ育っていても、そいつらこそが真の「田舎者」ですし、ホント人に迷惑をかける、飲酒運転も平気でするなど、許せんことです(o^_^o)v!!!

逆に鳥取市+県の友達知人は洗練されていて、社会常識もしっかりしていますので、彼ら彼女らこそ、真の都会人です♪

私も牛丼は好きで、大手三社(吉野家すき家松屋)の中では、吉野家の牛丼が一番美味いと思ったのに、今回の常務舌禍事件で、がっかりしました。

ドイツ人女性のホストファミリーを受けた時に、彼女を吉野家に連れて行って、牛丼をご馳走したら、メッチャ美味しいと喜んでくれて、吉野家は海外(アメリカ)にも真っ先に進出し、「ビーフボール」の名前で牛丼を売り出したら、これまた大ヒットだったのに、アホな常務のために吉野家不買運動が起きてもおかしくはありません。

それとこの常務、今回の発言で自社の牛丼は不味いと言っているようなもので、それでは吉野家で働いている従業員に対して、メチャクチャ失礼無礼千万であり、さらに「男に高い飯をおごってもらえるようになれば、牛丼は絶対に食べない」と、男に対する妙な義務感を、ステレオタイプで埋め込ませようとしているのは、女性だけでなく男の敵でもあります。

吉野家も昨日は新商品の親子丼の発売発表会を行う予定だったのに、舌禍常務のせいで、それも中止になりました。

「不適切発言」なら私も2002年に、東大阪市長選挙の応援で、同僚(のちに部下)のS木F恵さんと東大阪市内の民商会員宅を戸別訪問していた時、私が何を血迷ったのか、同僚のマミヤン(M元M美子)に対する不適切発言をしてしまい、烈火の如く怒られたことが、今でも忘れられないでちゅ。

よく考えたら民商の世界(特に八尾民商?)も男優位の世界で、セクハラも平気で行われていたのですから、私の先輩であるT岡H夫さん(現在は77歳?)は、マミヤンに対して「実力行使」までして、ホント八尾民商ジェンダー感覚の無さって、私も人のことを言えないけど、凄さすら感じますよ~。

私はその後真人間(民商共産党に在籍していて、そんなのになれるのか?と、突っ込まれそう)になり、女性ブログ友数人からも叱責のコメントを受けたので、それからは何もしていませんが、我ながら過去の蒸し返しをできるのって、凄いと思います(汗)。

牛丼なら大手三社(なか卯も入れたら四社だが、同店はすき家グループのゼンショーなので)のものは、全国で食べることができますけど、なんか吉野家に灸をすえるために、個店の高級牛丼(または豚丼)を食べたくなってきました♪

昭和や平成初期の時代ならまだしも、吉野家の常務を解任された、不適切発言の主は、せっかくキャリアアップして、それ相応にいい地位に就いたのに、今回の耳を疑うような発言、私のような八尾民商の下っ端事務局員(当時)が、マミヤンに対しての物言いとは重みが違うだけに、吉野家がその常務を速攻で解任したのは当然としても、社長や専務などもコンプライアンスとかについて勉強し直さんとイケンし、そもそも同社の役員会とかで幹部陣が、いやらしい話をしていた、それができる土壌があったのではないかと、私もセクハラ民商列島を見て体験しているので、疑わしいとこが多いっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

 

 

 

残念!長甥の首都圏赴任は幻と消えました!

f:id:matsukento:20220415063730j:plain

*残念!長甥の首都圏赴任は幻と消えました!

私の長甥は近畿大学法学部を卒業後、厚生労働省に奉職して、静岡市に赴任しました。

さて3年後の今年は異動の時期になりますので、以前母親(長甥の母方祖母)に聞いたら「千葉に行くみたい」と言っていて、私も千葉県内にブログ友が圧倒的に多く、私も足繫く同県に行っていたので、私のその話を聞いた時は、天にも舞い上がる嬉しさでしたよ~。

「これで首都圏進出の、さらなる橋頭保ができる!」と、確信していたのです(o^_^o)v!!!

ところが蓋を実際に空けたら、千葉県どころか、正反対の大阪府摂津市東海道新幹線の鳥飼車両基地がある町)に異動で、私も「せっかく出身地の鳥取県、そして近大時代を過ごした大阪府東大阪市、就職して静岡市という流れですから、千葉県内に行くのは自然の流れだったと思うのです。

なお長甥には赴任先について、3カ所候補を提示されたみたいで、一つは言うまでもなく千葉県、そして大阪府摂津市、3つ目は不明ですが、きっとかなり遠いとこだったと思いまちゅ。

まあ長甥の心理としては、生まれ故郷の鳥取県に近い、大阪府を選択(近大時代に4年間生活していたのだから、馴染みもあるでしょう)するのは必然だろうし、ただ私としては岡山県、それも鳥取県と県境を挟んで接している、津山市真庭市新見市、新庄村に異動した方が、すっきりはします。

せっかく国家公務員になったのなら、関東甲信越、東北、四国、九州での生活を、描く年ずつ経験したら、長甥の人生はさらに豊かになるだけに、3年後は大阪府摂津市の次はどこに行くのか、これを楽しみとします。

でも彼もいつかは鳥取県に帰りたいでしょうから、ある程度全国を知ったら、鳥取県倉吉市役所の職員になれば、バランス的にぴったりです♪

まあ私も鳥取市可児市、八尾市と住んできてますけど、中国地方、東海地方、関西地方の文化に触れあうことができて良かったと思いまちゅ。

それにしても長甥、静岡市で車(もちろん静岡ナンバー?)も買っていたようで、それも摂津市にもちろん持って行くわけですから、ホント引っ越しは金銭的なことだけではなく、体力的にもえらいですよ~。

上の写真のJR千葉駅の駅名標は、以前千葉県内各地を漫遊した時に撮ったものです。

f:id:matsukento:20220415063915j:plain

千葉駅から内房線で木更津寄り5つ目の駅である、五井駅からは小湊鐡道線が分岐しています。

千葉県の好きな所は、東京都や神奈川県とは違い、鉄道の非電化路線が3路線あり、この小湊鐡道と、それと上総中野駅で接続する、観光路線になって人気のいすみ鉄道木更津駅から分岐する、JR久留里線は「電車」が走っていなくって、今でもディーゼルカーが運行されているのですから、私としては楽園ですよ~。

なお全国有数のミニ私鉄である、銚子電鉄は経営難を逆手に、ぬれ煎餅の販売(鉄道事業よりもこれが主力!)などを行い、そう言えば変電所も新築しないといけないのに、お金がないのでクラウドファンディングで原資を募るという話もありましたが、その後どうなったのだろうか?

南関東では埼玉県のJR八高線も、非電化路線となっています。

f:id:matsukento:20220415063938j:plain

千葉駅から特急さざなみ号に乗って、木更津方面に行きました。

木更津市と言えば、グルメ俳優である、中尾彬さんの出身地というのが、真っ先に思い浮かびます♪

右側にはJR久留里線ディーゼルカーも止まっています。

長甥が異動するはずだった千葉県、残念ながら今回は立ち消えとなりましたけど、3年後には期待したいもんだっちゃぁ~(^o^)ノ!!!

 

春の鳥取市旧市街地散歩♪

f:id:matsukento:20220405122932j:plain

*春の鳥取市旧市街地散歩♪

鳥取市の旧市街地三街道の一つである、智頭街道をぶらぶら歩きます。

平日の日中とは言え、人や車の流れがないのは、私にとっては心地良いのです(o^_^o)v!!!

そのくせコロナ渦前だったら、連休になれば鳥取砂丘付近とそれにつながる道は大渋滞で、もうムチャクチャでしたよ~。

f:id:matsukento:20220405122919j:plain

智頭街道沿いの商店街で、事務機器用品を売っているお店があって、古いレジスターやタイプライターなどが、ショウウインドウに飾られています。

さすがにこれらは売り物ではないでしょうけど、下手な博物館に行くよりも、面白いと思いました♪

f:id:matsukento:20220405123758j:plain

太平線通り沿いにある、たこ焼き専門店のワンプレートさんです。

当初はここで、大阪出身の店主が焼くたこ焼きを食べながら、ビールを飲もうかと思っていたのに、残念ながら来るのが早すぎて、開店時間は14時からだったのでちゅ。

もし店主の出身地が八尾市だったら、もう大爆笑だで!

f:id:matsukento:20220405124214j:plain

旧市街地のど真ん中である栄町には、昔は「駅前旅館」(実際は鳥取駅から歩いて5分ほど)だった建物も残っています。

今は大手資本のビジネスホテルに客を取られて、昔ながらの駅前旅館(森繁久彌さんの「駅前旅館」シリーズを観たい!)は廃れてますが、私の父方祖父母が旧国鉄米子駅前で経営していた旅館を思い出しました

f:id:matsukento:20220405124234j:plain

私が鳥取市完全在住時からある、松屋横丁と松屋アパートも昭和の古き良き時代を醸し出しています♪

横丁はまだしも、アパートって今でも人が住んでいる、いや存在しているのだろうか?

f:id:matsukento:20220405124422j:plain

その松屋横丁の斜め向かいには、平屋の新築一軒家が建っています。

いくら鳥取市が一地方都市とは言っても、県庁所在地であり、その一等地に平屋の家を建てるとは、羨ましく贅沢なことですよ~。

でも可児市も平屋ばっかりですから、まあ別に驚くことではないかも?

f:id:matsukento:20220405125521j:plain

鳥取市永楽温泉町です。

ここは繁華街にも近いので、私が鳥取市内で住みたいとこの一つなんです♪

それにしてもこんなに高層マンションが林立しとったら、昔の鳥取市とかけ離れているような?

f:id:matsukento:20220405125924j:plain

鳥取市、いや鳥取県内で一番有名な珈琲店である、すなば珈琲さんは、鳥取駅北口から近い日通ビルさんで開業して、それから東にちょっと離れた、ホープスターとっとりさん内に移転しました。

すなばさんは、あのスタバさんに「宣戦布告」して、堂々勝負して、東京特別区内にも臨時出店しましたから、大したものですよ~。

すなばさん一号店があった日通ビルは壊されて、その跡地には東横インさんの鳥取市2号店ができるという噂も聞いてますが、その後どうなったのだろうか?

f:id:matsukento:20220405130809j:plain江戸っ子ブログ友である、GAEI様やSPYBOY様を驚愕させた、江戸前からあげ金さんは、この日は定休日でした。

私って唐揚げはそんなに好きではないのに、なぜかここ金さんのはたまに買ってしまい、特にチリソース味のが定番なんでちゅ。

f:id:matsukento:20220405131025j:plain

以前アップした、太平線を挟んで、鳥取大丸さんの東側にある、台湾水餃子さんに初めて行きましたよ~。

f:id:matsukento:20220405132256j:plain

90分食べ放題ランチコースなので、各お料理は量が全然少なく、いろんな一品を味わえることができます。

麻婆豆腐は文句なしの味でした。

f:id:matsukento:20220405134804j:plain

油淋鶏は多かったらくどいけど、少量だったけぇ、ちゃんと鶏の味を味わうことができたがぁ。

f:id:matsukento:20220405132625j:plain

これが看板商品の水餃子です。

私って水餃子はあんまり好みではない(嫌いという意味でアリマセン)ですが、これはありだと思いました。

写真は撮ってませんけど、「味噌餃子」というのもあり、その手のものが好きな私は、当然注文しましたが、水餃子に八丁味噌が塗られていて、可児市に住んでいた私としては、喜ばんとイケンのに、味は残念ながら「水餃子とは合わない」という感想となりました。

私が可児市のKYBで働いていた時は、社員食堂で出されたポークソテー八丁味噌が乗っていて、私は好んで食べていて、逆に関東出身者の方は、せっかくの味噌を撥ねて食べていたみたいです。

私は「それってせっかく美濃の国、というか中京地方に来て、そりゃないだろ」とは思いましたし、味噌煮込みうどんや味噌かつといった「名古屋めし」は大好きで、その地域の食文化を好き嫌いは別にして、一度も体験せんのはもったいないと思います。

でも私が鳥取市に帰って、味噌水餃子を美味しくないと感じる、ちょっと複雑な感じでちゅ。

f:id:matsukento:20220405123656j:plain

鳥取市の旧市街、瓦町にある、まさにヨーロッパの地の中にあるような、日本全国では珍しい、本格的ロータリー交差点です。

以前テレビ東京の、所さんのそこんところで、東京都大田区にある、7本の道がロータリーではなく、かつ信号も無い「七辻交差点」のことが紹介されていて、地元出身のGAEI様ならご存知だと思います♪

七辻交差点(これってそもそも正式名?)は町区も南蒲田2丁目、萩中1丁目、東大郷1丁目、南大郷1丁目と、4つの地番に分かれるのが、これまた凄いです。

なお鳥取市の瓦町ロータリーは、6本の道が繋がってますから、それより一本道が多い、大田区七辻交差点は、ロータリーでもなく、信号がなくって安全なのはさすがはスーパーメトロポリタン東京だけあり、そのため通行者も気を付けるため事故がほぼ無い、それは鳥取市の瓦町ロータリーも同じですよ~。

f:id:matsukento:20220406141751j:plain

場所を変えて、居酒屋で鳥取名物である、シロイカの姿造りを食べました♪

これがまた新鮮で美味かっただがぁ~。

春爛漫で全国的に夏日になる地域も増えて、昨年12月から今年2月にかけての冬は寒さと雪の量が多かっただけに、この春の暖かさは本当にありがたいっちゃぁ~(^o^)ノ!!!